アウトドア好きの為のブログ

🏊‍♂️夏に向けて、泳法を知ろう🏊‍♀️

 

 もうすぐ冬なのに来年の夏に向けての記事を書きます!

 

行動は早めに!

 

水泳の競技は4泳法あるけど、他にもあります

 

今回紹介する泳法は海のレジャーなどにも役立つので、覚えておいて損はないです

f:id:r24japan:20191111193117j:image

  1. 立ち泳ぎ
  2. 横泳ぎ

 

 

  1. 立ち泳ぎ

4泳法は泳げるけど、立ち泳ぎができない人が結構いると思います

 

立ち泳ぎはその名の通りで、立った姿勢で泳ぐというもので

 

立ち泳ぎをしている競技として有名なのは

・水球

・アーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)

ですよね

 

覚えた方がいい理由としては、溺れ防止が一番だと思います

 

例えば川で泳いでいて、激しい流れがある所に入ってしまいクロールなどで泳いで戻ろうとしても、難しいと思います

 

クロールとかは息継ぎをする時に顔が水面にあまり出ないので、激しい流れがある所では息継ぎをすると水を飲んでしまって、そのまま溺れてしまう可能性があります

 

あと川はほとんどが一定の深さではないですし、流されて岩にぶつかる可能性もあり、大変危険です

 

立ち泳ぎだと、おおよそ首から上は水面から出ているので比較的息はしやすく周りの状況も見えます

 

流されたら、流れに逆らわずに落ち着いて、立ち泳ぎで呼吸を確保して少しづつ岸に向かって泳いでいく

 

この時に次に紹介する横泳ぎで泳ぐといいです

 

なにしろ一番は落ち着くことです!

溺れそうになったからといって

息を吸おう!吸おう!とジタバタしてしまい体力を消耗し溺れてしまいます

 

立ち泳ぎにも

・あおりあし

・巻きあし

があり自分がしやすいのをすればいいと思います

 

簡単に説明すると

あおりあしは平泳ぎと同じ要領で下に向かって蹴ります

 

巻きあしは、椅子に座ったイメージで片足ずつ

半円を書くように蹴ります

 

ほかに手を使って泳ぐ方法もあり、スカーリングと言って

 

手で8の字を書くように動かします、うまくいくと水面に渦ができます

 

手と足を使えば比較的楽に立ち泳ぎができます

とは言ってもそれなりに練習は必要です!

 

動画はこちら↓↓↓ スカーリングと巻き足

 

・横泳ぎ

これもその名の通りで横に向きながら泳ぎます

横泳ぎも練習をすれば、顔を水面に出しながら泳ぐことができます

 

右向きなら横を向き両手を体の前に

右足は前に左足は後ろに軽く広げます

 

左手を前に伸ばし右手で水を掻きます同時に足で水を挟むようにして蹴ります

 

進みは遅いですが、なれれば体力もあまり消耗せずに泳げます

 

動画はこちら↓↓↓

 

最後に補足で

最悪、練習をしてても溺れてしまった場合の対処法として

 

一旦沈んでしまうというのも手です

 

どういうことかと言うと

大半の人は10秒ぐらいは息を止められると思います

 

溺れてしまった場合は、無理に泳いで岸まで行こうとせずに

 

一度大きく息を吸い込んで、下に沈んでいきます

 

よほど深いところでなければ5秒ぐらいで足がつくと思います

 

着いたら思い切りジャンプをするイメージで水面に上がります

 

それを繰り返すだけです

 

繰り返しながら少しずつ岸の方に行くか、浅いところまで行くかです

 

このやり方に似ているのが米軍のシールズの訓練で有名です

両手、両足を縛られて、指示されたことをしながら、浮上と潜水を繰り返すやり方です

 

参考動画こちら↓↓↓

 

最後にこの記事を見て、上記の立ち泳ぎと横泳ぎをやろうと思った人はいないと思いますが

 

するならインストラクターに教えてもらうなりちゃんとした動画を見て練習をしたほうがいいと思います

 

川や海でしないこと

 

1人で練習しないこと

 

ダイビングプールなど深いプールがあればそこで練習するのが一番だと思います

 

施設の人もいるので安心です

 

あと川や海で泳ぐときは浮き輪やライフジャケットを身につければある程度は安心だと思うので、泳ぎに自信がない人は徹底しましょう

 

では楽しい夏を🤣