アウトドア好きの為のブログ

🧵ロープの素材と用途🧵

 

 今回もブッシュクラフトやキャンプでは必需品の物、ロープについて紹介します!

 

今回は素材と用途について書きます!

 

 

  • 素材

素材は大きく分けて二つに分けられていて

 

天然繊維と化学繊維があります。

 

天然繊維の特徴としては化学繊維と比べると価格が安くて伸びにくい!

 

同じ太さだと化学繊維と比べ強度が弱く水にも弱い!

 

化学繊維の特徴は天然繊維にくらべて強度、柔軟性、耐久性、耐水性が強くて、軽い!

 

でも熱、摩擦や紫外線などに弱くて、伸びやすくすべりやすい!

 

 

  • 天然繊維ロープの主な種類

1.木綿ロープ

2.マニラロープ

3.ヘンプロープ

4.サイザルロープ

 

1.木綿ロープは柔らかくて作業性がよくて、値段も安い!

でも腐食しやすくて、耐久性が弱い

吸水性が強くて、濡れると硬くなる特徴がある!

 

2.マニラロープは強度が強く木綿ロープの2倍の強度がある!

軽くて水に浮き、耐食性にもすぐれていているけど、現在手に入りにくいそうです!

 

3.ヘンプロープは強度はマニラロープより強くて、天然繊維の中では1番強度がある!

でも水に弱くて腐食しやすい特徴がある!

 

4.サイザルロープはユカタン半島やジャワ島に生息するサイザル(リュウゼツラン)から採れる繊維でつくられる!

強度はマニラロープの3分の2程度!

 

 

  • 化学繊維ロープの主な種類

1.ナイロンロープ

2.ポリエステルロープ

3.ポリプロピレンロープ

 

1.ナイロンロープは簡単に手に入るロープで、化学繊維の中でも特に強度が高い!

摩擦しにくく、水に浮かない特徴がある!

登山用ロープでよくつかわれる!

 

2.ポリエステルロープは強度が高く摩擦しにくく、耐久性はナイロンロープと同じ!

水に濡れると強度が増すという特徴がある!

 

3.ポリプロピレンロープはナイロンやポリエステルに比べると強度は弱い!

水に浮く特徴がある!

でも摩擦や紫外線に弱いので外で使うにはあまり向かない!

 

1.ロープを他のものに結ぶ

ロープを立ち木などに結びつけたりする!

 

2.ロープの端に輪を作る

ロープの端に輪を作って、船をつなぎとめたりに使う!

輪の大きさが変わらない、固定式と変えられる緊縮式がある!

 

3.ロープの中間に輪を作る

ロープの中間に輪を作って、ものを吊るしたり、登山時にも使う!

 

4.木材などを縛る

木と木を結んで柵や、イカダを作ったりする!

他の結びより難しく、丈夫さが重要!

 

 

  • まとめ

ロープの素材や用途も様々あるので、その時に応じたロープを使うのが重要です!

 

ブッシュクラフトやキャンプでは必ずと言ってもいいほど使いますので、しっかり覚えましょう!

 

という自分もまだまだ覚えることが多いので勉強!勉強です!

 

では👋