アウトドア好きの為のブログ

👨‍🍳お仕事レビュー!-建築塗装の仕事内容以外の話-🖌

f:id:r24japan:20191123175612j:image

 前回の記事に続いて、今回も建築塗装について書いていこうと思います

前回の記事はこちら↓↓↓ 

www.nature-suzu.com

 

前回は仕事内容について書きましたが、今回はそれ以外の給料や、どういう人が向いている、向いていないなどいろんな観点から紹介したいと思います!

 

 

  • 建築塗装に向いてる人などあれこれ
  1. 建築塗装に向いてる人は?
  2. 建築塗装の給料は?
  3. 建築塗装の安定性は?
  4. 建築塗装の職業病は?
  5. まとめ

 

 

 

1.建築塗装に向いてる人は?

まず根本的なことを言うと、体力はそこそこいります

およそ10〜15kgほどの一斗缶を持って狭い足場を登り降りしたりもします

 

春夏秋冬季節問わずあるので夏の暑い時期は熱中症の危険もあります

特に屋根の塗装をする時は大変で、小休憩や水分を持って飲んだりしながらしないとキツイです

最近は特に暑くなっているのでよけいに大変です

 

冬は冬で寒さとの勝負です、水洗いをする時は凍えるような寒さになります

 

そしてコミュニケーション力は程々にあれば大丈夫だと思います

一般の住宅だとお客さんと話すことは少しはありますがそんなに長くなることはほとんどありません

しかし質問などに対しては分からないことでもしっかりと受け答えはして、挨拶も元気にできると好印象は持たれます

 

ですがペコペコするといいという意味ではなく、人と接するのが苦手でも仕事をしっかりしていればお客さんはちゃんと見てくれていますので、深く考える必要はありませんよ!

 

そしてこれは苦手な人もいると思います

それは溶剤塗料やシンナーの匂いです

この匂いは5年していた自分でもキツかったですね

匂いは弱いものから強いものがあるんですけど、強いものを狭い空間で塗ると酔った感じになる場合もありました

 

シンナーの匂いがダメな人にはちょっとキツイ仕事かもしれないですね、実際体にも悪いですし!

 

 

2.建築塗装の給料は?

これはその土地や会社の大きさでバラバラですが、だいたいは日給制だと思います、よほど安定している会社じゃないと月給ではもらえない印象です

で僕の経験や周りの人達、求人情報から調べた結果

  • 経験年数0〜2å¹´

・6000〜8000円

 

  • 経験年数2〜5å¹´

・8000〜10000円

 

  • 経験年数5〜10å¹´

・10000〜12000円

 

  • 経験年数10年以上

・12000円以上

 

あと建築関係は基本的に日曜日が休みなので、月に26日働いて4〜5日の休みです

休みは少ないイメージですね

 

なので入りたてから経験を積んだ人は月に15〜30万以上の給料だと思います

 

働いた分しか出ないので、ケガや病気で休んだりしたらその分の給料はでないです

 

福利厚生などちゃんとしている会社かどうかも会社を選ぶ判断材料なのでそこはじっくり考えてください

 

 

3.建築塗装の安定性は?

これも会社によってそれぞれです、結論から言うと大きな会社に入るのが無難です

 

具体的に言うと個人会社〜中小企業は一般住宅塗り替えが基本的に多いですたまに、アパートの塗り替えがある時もあります

基本的に県の仕事などは少ないので、その会社の口コミや仕事ぶりで、周りの評価が良くて仕事の安定性が出てくると思います

たまに応援で大手の会社の下請けで大きい仕事に入ることもありました

 

あと塗装の天敵は天気です、野外での作業で雨が降ると、仕事にならないので基本的には休みになります

だけど水洗いの作業はできるので水洗いは雨が降ったほうが何かといいことがあります

 

夏場の梅雨は休みが多く、その分給料も出ないといった感じでした

 

逆に大きな会社は県の仕事が多数あるので、安定性はしています

具体的に言うと、公共物の塗り替えが多く、マンションや学校など大きな塗り替え工事が入ってくるので、長期に渡って仕事はあります

 

雨の日でも室内の仕事があるので一年通して仕事はあります

じつは室内の塗装工事も意外とあるんですよ!

 

ですがここが好き嫌いがあって大きな会社だと一般住宅の塗り替えはほとんど下請けに回すので、マンションや学校など塗り替えがメインになります

マンションや学校の塗り替え工事期間は1ヶ月以上かかることもあるので、同じ場所で作業をすることになり終わりが見えません!笑

 

その分一般住宅の塗り替えは1〜2週間で終わり、かつ塗る材料や塗り方のバリエーションは多いイメージです

 

どう言うことかと言うとマンションや学校で扱う材料は大体決まってきます

それに対して一般住宅はその家の特徴やお客さんの意見で毎回使う材料が変わってきます

なのでいろんな技術や材料の知識を短いスパンで覚えたいと言う人は個人〜中会社がいいかと思いました

 

補足で言うと建築塗装をしている人は独立する人が多くて理由としては、5〜10年である程度の知識が身に付き、少ない道具で始められ、機械のレンタルもあるので比較的独立しやすい職種です

 

 

4.建築塗装の職業病は?

いろんな職種で職業病があると思いますが、建築塗装においてはやはり別の業者の塗り替え工事に目がいってしまいます

 

他にも飲食店などに行くと、塗装してある部分の仕上がり具合を見てしまってましたねー

 

 

5.まとめ
  1. 体は丈夫で体力はあるに越したことないけど、後から付いてくる
  2. シンナーの匂いなどがダメな人にはキツイ仕事かも
  3. 給料は経験年数やスキルで変わってくる、建築業では高い方と言われている
  4. 安定性はズバリ大きな会社ほど一年通して安定はしている、小さな会社は梅雨時期など仕事がない時もある、将来的に独立する人が多い職業で成功している人も多数いる
  5. 技術や材料の知識を早いうちに覚えたいのであれば個人〜中会社がいいと思う

 

 

建築塗装は、お客さんから喜ばれて、やりがいも非常にあります

そこで身につけたスキルは一生ものです

ちょっと建築塗装を始めようか迷ってる人にこの記事を読んで参考になってもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでもらいありがとうございました

では👋

 

 

 

退職代行サービスの問い合わせと交渉サービス