アウトドア好きの為のブログ

『音声メディア』効率よくインプット

f:id:r24japan:20200727093802p:image

 

 「効率よくインプット」したいと思った時、今までの僕は「本を買って読む」というのが普通、と言うかそれが当たり前でした。 

 

でもこの忙しい世の中で、本を買って読む時間はなかなか無いと言うのが現実。

 

そこでどうにか仕事しながら、なにか作業しながらでもインプットできる媒体ってないかなぁと考えているときに見つけたのが『音声メディア』です。

 

元々ラジオを聴くのが好きでいろんな番組を聴いてたんですが、そう言えばラジオを聴きながらなんかかんか作業してたなぁと思って、このラジオを聴いてる時間で何か他の学びたい事柄に変えればいいだけじゃんと思ったんですね。

 

そこでまずは学びが得られるスマホアプリを探しました。

僕が知らなかっただけなんですが、今はいろんなアプリがあって、どれも素晴らしいアプリなんですがとりあえず「3つ」サクッと紹介します。

 


【目次】

『voicy』

corp.voicy.jp

 

Voicyは本当ラジオ感覚で聴けるアプリで、さまざまなジャンルのパーソナリティの方が配信しているので、自分が聴きたい学びたい事柄が多数あるんですよね。

 

そして「無料」というのも良いとこで、気軽に聴けて、そして学びを得られるのでとても気に入ってます。

 

僕はVoicyで教養系だったり、ビジネス系、英語など、幅広く聴いてます。

 

これは僕の勝手な感覚ですが、Voicyは芸能関係や有名なYouTuberさんなどが配信しているのでクオリティが高い感覚、そして面白いです!

 

更新頻度についてはパーソナリティによって変わり、「毎日更新をしている人、1ヶ月に1〜3回の更新の人」もいるのでばらつきがありますが、それは人間なんで仕方がない事なのかなと思ってます。

 

他にもVoicyの良いところとして、機能面が充実しているところですね。
例えば

・フォロー機能
・速度切り替え
・未聴
・声の大きさ、BGMの音量

などなど、上記以外にもあります。

 

「フォロー機能」
フォロー機能はその名の通りフォローする事で、好きなパーソナリティをフォローしておけば、Voicyを開いた時に、いちいちそのパーソナリティを検索しなくても、フォローしている人が表示されるので、すぐに聴くことができます。

 

「速度切り替え」
忙しい人やせっかちな人にオススメの機能で、パーソナリティが話す速度を「1.0、1.2、1.5、2.0倍」で切り替え可能になっています。

 

パーソナリティによってはゆっくり話す人、早く話す人とそれぞれなので、自分が聴きたい速度や、聴いてて心地良い速度があると思うので、それに合わせて切り替えるのが良いと思います。

 

僕も切り替えたりするんですけど、通常の話し方が早い人で、2.0倍にすると早すぎて何を言っているのか分からない場合もあります。笑

 

「未聴の配信を表示」
そして、地味に嬉しい機能がまだ聴いていない配信を表示してくれる機能が良いですね。

パーソナリティに、よっては何百回と配信している人もいるので、どれを聴いたか聴いていないかが分からなくなるんですよね。
でも未聴の配信を表示してくれるので、とても便利です。

 

その他にも声の大きさ、BGMの音量、BGMの切り替えなど細かい設定もあります。

 


『Podcast』

https://podcasts.apple.com/jp/genre/podcast/id26

 

PodcastもVoicyと似たような感じですね。

僕はiPhoneなので、Apple Podcastで聴いています。
昔からあるので知っている人も居ると思いますが、僕は音声メディアでインプットをするようになり数ヶ月経ってから Podcastを使い始めたので、まだPodcast初心者です。

 

Podcastでもいろんなジャンルが聴けるので、重宝してます。
僕は好きなYouTuberさんが、Podcastで配信しているのでそれを聴いてるのと、あとは英語の聞き流しやシャドーイングに使ってます。

機能もVoicyと似ていて、好きなパーソナリティを登録しておけばすぐ聴けるし、話す速度も変えれます。

 

PodcastとVoicyはほぼ同じ様な感じですが、お気に入りのパーソナリティが居る居ないがあるので、好きなパーソナリティが配信をしたら聴く感じにしています。

 


『audio book』

audiobook.jp


audio bookはその名の通り、「本を聴く」と言うもので、実際に書籍として売られている本を音声で聴けるアプリです。

 

あの本を読みたかったけど、本を買って読む時間は無いしなぁと諦めていたと言う人に、audio bookは最適です。

 

機能も充実していて、話す速度も変えれますし、再生していて気になった部分は「ふせん」を貼ることができます。 気になった部分にふせんを貼っておけば、またその部分を瞬時に聴けますしね。


話す速度に関しては、幅広くて0.5倍速から4倍まで選べます。 聴く人いるのかな?4倍にしたらもはや雑音にしか聞こえません。笑

 

上記2つのアプリと違う点としては、いくつかのプランがあり、「月額登録制や聴き放題プラン」などがあります。

 

詳しくは実際にaudio bookで見てもらえたらいいのですが、本によっては購入してから聴くものがあります。


値段は普通に買って読むよりかは若干割高ですが、何か作業しながらでも、本の内容を聴けるので、読む時間を省略できる分の料金を払っていると思えば安いものかなと思います。

 

 

3つアプリを紹介しましたが、それぞれパーソナリティの違いや内容の違いがあるので上手く使い分けると、また効率よくインプットできるのかなと思います。

 

僕は今、仕事の時に片耳イヤホンをずっとしていて、なんだかんだで、6〜7時間くらいは音声メディアからインプットをしています。

 

その分アウトプットもしないといけないですが、音声メディアのおかげで、今までよりずっとインプット量が増えて、知識が増えてきました。

 

みなさんも何か学びたい事があった時は、音声メディアを利用するのも一つの手なので、是非試して見て下さい。

 

<SNSアカウント>

【Instagram】

https://www.instagram.com/ryoma_tabi24/


【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCza6IPX8j2UH5qOiSmWunxw