アウトドア好きの為のブログ

『音声メディア』でする『ながらインプット』の効果はあるのか?

 f:id:r24japan:20200719210027j:image

 

 前回の記事で、『音声メディアで学びを得ている』と書きましたが、それを続けていて実際のところ学べているのかなと思ってふと振り返ってみました。

www.nature-suzu.com

 

 

学んでいる事は、「今、世界で起きている事や日常生活に絡む事(普遍的な事)」、そのほかでは「英語学習」だったりと色々な事を学んでます。

 

まず結論から言うと「英語学習」はあんまり身に付いていない感じ… けど英語学習は長期的に学ぶ事だと思うので、すぐすぐに結果は出ないと思ってます(当たり前ですね…)

 

逆に「普遍的な事」だったりはけっこう身に付いているんではないのかなと思います。

 

英語を聴いている時は「パーソナリティが話す事、フレーズ、単語」のシャドーイングや聞き流しを30分〜1時間と集中できる範囲で、ある程度時間を決めてしているんですが、インプットだけだとなかなか… 英語はやっぱりアウトプットをしないと覚えないですね。(英語学習はアウトプットがかなり重要)

 

でも僕の日常生活で他の人と英語で話す機会が全く無いので、アウトプットをできないのが現実、なので出来るだけアウトプットできるように、日々の行動の中で目に入った日本語や考えた事を英語に置き換えるようにはしています。

 

それもあってかどうか、単語などの簡単なものは少しずつ覚えていっているのはいるので、毎日続けていくのが大事ですね…。 

 

一方で「普遍的な事」なんですが、最近の僕が聴いているのは「現代〜未来の事、ビジネス、時間の使い方、コミュニケーション」その他いろいろなんですが。

上記の事が身に付きやすいと思うのは、多分、私生活のなかで身近にある事だからだと思うですよね。

 

例えば「時間の使い方」などは分かりやすくて、「音声メディア」でインプットした事を、日々の生活や仕事の中ですぐ実践できて、そこでしっかりとアウトプットができているので身に付きやすいのかなと思ってます。

 

あとやっぱり、その学んでいる事に対して、興味を持ったり楽しめている事が身に付きやすい事に直結しているのではないのかなと。

英語とかは聞き取れなかったりしたり、上手く発音できなかったりと、なかなか覚えられないのでどうしても楽しめない部分が出てきたりしますよね。

 

最近、カメラや写真や動画、ドローンの事についても学ぶんですが、率直にやっていて楽しいんです。 そうすると次に次にと覚えたい事が出てくるので、さらに覚えていってます。

 

なので、楽しみながら学ぶ事もかなり重要な事になってると思うので、今は覚えられなくて大変だと思いますが、今、学んでいる事を覚えられた時、未来の自分が覚えた事を糧にして楽しんでいるのを想像しながら学んだりすれば良いのではないのかなと思います。

 

音声メディアで時間効率の良いインプットができて時間が空いた分を、アウトプットの時間に回すというサイクルを作る、とにかく、自分が楽しみながら、そして継続できるように工夫しながら学んでいく事ですね。

 

何にせよ『音声メディア』は、『ながら聴き』ができるのでこれからも重要な学びのツールとして使っていきます。

 

ちなみに最近聴いたので面白かったのは"ONE PIECE"の本です。 コミュニケーションを図る上で必要な事だったり、今後の人生を生きていく上で何かヒントを得られそうな事を"ONE PIECE"視点で聴けて、けっこう為になる事が多く面白いので、良かったら聴いてみて下さい。 "ONE PIECE"好きな人には勿論、それ以外の人でも楽しめれる内容だと思います。

audiobook.jp

 

<SNSアカウント>

【Instagram】

https://www.instagram.com/ryoma_tabi24/


【YouTube】

https://www.youtube.com/channel/UCza6IPX8j2UH5qOiSmWunxw