アウトドア好きの為のブログ

SONY a7iii/tamron 28-200mmで『車の光跡』に挑戦

 先日、新しく買ったカメラ「SONY a7iii」で『車の光跡』を撮って来ました。

写真の出来を言うと、完璧では無かったですが、学べた事が多かったので、ここで共有させて頂こうと思い記事にしました☺︎

 


場所:「宮崎県 天満橋」
カメラ:「SONY a7iii」
レンズ:「tamron28-200mm f/2.8-5.6」

f:id:r24japan:20200807110333p:image

f:id:r24japan:20200807110341p:image

まず最初に、何枚か撮った中で、1番良かった写真です。(※上:編集後 下:編集前)

 

【カメラ設定】
焦点距離:58mm
絞り:20
シャッタースピード:30"
EV補正:±0.0
ISO:100


なんだかんだで、この写真を撮るまでに30分〜1時間ぐらい掛かりました⤵︎
「車の光跡」を撮る時は、車の通るタイミングが重要になってくるので、いつでも良い写真が撮れる訳じゃ無いのがよく分かりました。

 

この写真に写っている道路は、片側2車線の合計4車線になるんですが、その4車線の内1車線でも車が通らないと、まとまりの無い光跡になるし、4車線全部通ったとしても、車線変更をする車がいたら、ウインカーの光が写ったり、光の流れが変わるので、変になったりします。

 

f:id:r24japan:20200807110333p:image

実際にこの写真にも、車線変更をした車の「ウインカーの光」が少し写っているんですが、やはりそこだけ目立ちますよね⤵︎
ウインカーの光が無ければ、さらに良い写真だったのかなぁと思ったんですが、本当にタイミングと、もはや「運」が必要な気もします。

 


ちなみに、別の角度から撮ったのが、あるんですが、こちらはウインカーの光は無いものの、左側車線の交通量が少なかったので、少し光量が物足りない感じになりました。

 

f:id:r24japan:20200807110538p:image
f:id:r24japan:20200807110530p:image

(※上:編集後 下:編集前)

 

【カメラ設定】
焦点距離:146mm
絞り:25
シャッタースピード:30"
EV補正:±0.0
ISO:100

 

そもそもテールランプ自体の光量が少ないので、しょうがないと言えばしょうがないですが。

でも、金網の柵が良い感じに前ボケしていて、その奥に広がる夜景と車の光跡が良い感じで、けっこう気に入ってます⤴︎

 


最後に何枚か撮った内の失敗例を載せときます。

f:id:r24japan:20200807110643p:image

両車線の交通量のバランスは良かったんですが、右車線の車のライトが途切れていて目立つのと、自転車のライトが写っていて、違和感があります⤵︎

 

f:id:r24japan:20200807110658p:image

上記でも言った、車線変更をする車の光跡が写っていて、まとまりが無くなって変な写真になってしまいました⤵︎

 

f:id:r24japan:20200807110706p:image

この写真は明らかに失敗で、シャッターを押すタイミングも悪く、シャッタースピードも短かいので、途中で途切れてしまっています。

 


何度も失敗しましたが、最終的には、まずまずと言った写真が撮れて良かったです。

 

ちなみに撮り終わった後に、夜景撮影の際の注意点などを調べたら、チブレ補正は切った方が良いなどいろいろあったので、(※今回の写真は手ブレ補正「入り」でした)また今度、調べた事を生かして再挑戦したいと思います。

 

<SNSアカウント>
【Instagram】
https://www.instagram.com/ryoma_tabi24/

 

【YouTube】
https://www.youtube.com/channel/UCza6IPX8j2UH5qOiSmWunxw