アウトドア好きの為のブログ

ホットサンドを食べたくて #2「ベーコンエッグチーズサンド」

 前回の記事では「i-WANO×燕三条」のホットサンドメーカーを買うまでの話しでしたが、今回はそのホットサンドメーカーで実際にホットサンドを作った過程を紹介します。

 

前回の記事の最後で「ベーコンエッグチーズサンド」を作ると書いていたと思いますが、初めてホットサンドを作るので、なかばドキドキしながら作る事に、、、。

 

とりあえず今回使用した「具材と調理器具」を紹介します。

 

【ベーコンエッグチーズサンドの具材】

f:id:r24japan:20201025105948p:plain

 

・6枚入りスライスパン×2
・とろけるチーズ
・ベーコン
・たまご×1
・マヨネーズ
・スパイス
・油

 

 
今回は6枚入りを使ってみました。
スライスパンは「何枚入り」と言うの物がいろいろあると思いますが、ホットサンドメーカーで使う物は「6枚入り」か「8枚入り」が良いと思います。

 

あとチーズについては、今回はパラパラのチーズを使いましたが、スライスチーズでも良いですね。

調味料については今回はマヨネーズとステーキスパイスを使いました。ここは自分の好みでいろいろ試してみるのも良いと思います。

 

【調理器具】

f:id:r24japan:20201025110036p:plain

 

・「i-WANO×燕三条」ホットサンドメーカー
・ガスストーブセット
・ターナー
・ナイフ

 

 


特別変わった物は無いですが、「ターナー」があると、熱々の焼き上がったパンを取る時に便利かと思います。

 

『初のホットサンドを作る』
ここから調理の様子を振り返ってみたいと思います。

 

まずは「ベーコンとたまご」をそれぞれ焼いていきます。 

f:id:r24japan:20201025110158p:plain

f:id:r24japan:20201025110219p:plain

 

今回は目玉焼きを作ってみましたが、普通に卵焼きでも良いかもしれませんね。⤴︎

 

そして焼き終わったら、チーズ、ベーコン、目玉焼きを載せてマヨネーズを掛けてから、もう一枚パンを載せて、いよいよホットサンドメーカーで焼いていきます。

 

パンを焼く時はホットサンドメーカーに薄く油を引きます。
今回は油を引きましたが、「バター」でも良いと思います。

 

パンの裏表を平均的に焼けるように、パンの焼け具合を見ながらホットサンドメーカーをひっくり返します。

焼け具合は頻繁に見たほうがいいですね、少しの時間差で焼けすぎになるので、焼け具合チェックは怠らないようにします。

 

そして、出来上がったのがこんな感じです。⤴︎

f:id:r24japan:20201025110317p:plain

耳から少しチーズが出てしまいましたが、全然大丈夫です。笑

そしてi-WANOの「文字とマーク」が良い感じに映えてます。
文字やマークの焼け跡がつくのがホットサンドメーカーの醍醐味でもありますよね。

 

そしていざ実食!

「ガリっ!」と耳から食べました、、、。

 

でも焼き過ぎだったのか、けっこう硬かったです。笑

あと、i-WANOのホットサンドメーカーは耳をしっかり圧着するし、6枚入りパンは厚さがあるのでそれもあって硬くなるのかもしれません。

 

なので後日、少し薄めの「8枚入りのスライスパン」でしてみたら、丁度良い硬さでした。

個人的にはi-WANOのホットサンドメーカーは「8枚入りスライスパン」が良いように感じました。

 

味はもちろん美味しかったです。⤴︎
ここまで来ると、味というか達成感の方がありましたね。笑

 

こんな感じで、初めてのホットサンドはとりあえず成功と言うか、楽しく作れたし美味しく食べれたので良かったです。

またいろいろな具材を入れて作ってみて、そこで良いホットサンドができたらまた紹介したいと思います。

 

よかったら皆さんもぜひ「ホットサンド」を作ってみて下さい!