自然と旅

自然や旅、キャンプやアウトドアに関する事などについて、自分が感じたことや思った事などについて書いています。

【キャンプギア】 エリッゼペグハンマー 「ショート」

 ペグ打ち用に使うハンマーなら、ホームセンターなどにある普通のハンマーでも良いかなと思ってたんですけど、実際に物が来て使ってみると、やっぱりキャンプギアとして売っているのにはちゃんとした意味があるんだなと実感したので、使いやすさなどを簡単にですが紹介します。

【エリッゼ ショートペグハンマー】

画像1

今回僕が買ったペグハンマーは通常のエリッゼペグハンマーより、少し「コンパクト」になったタイプです。

通常の大きさのハンマーを使ってないので、両方使ってみての感想ではないですが、少しでも参考になれば幸いです。

コンパクトになっていると言うことで、通常のハンマーの長さが「30cm」なのに対して、こちらのは「23cm」で「7cm」短いです。

僕が持っていた、ハルタホースのミニハチェットと比べたらちょうど同じ大きさぐらいでした。

画像2

コンパクトになっていると言っても、鍛造やヘッド部分の大きさは変わらず、持ち手(木柄)の部分が短くなっているだけで、その分の遠心力が無い分、多少打ち込みの強さは弱いかも知れませんが、実際に打ってみると、何も違和感なく打てます。

むしろ短い分、しっかりとペグに当てやすくなるので、使いやすいかと思います。
例えて言うと、野球でバットを短く持つか、長く持つかの違いに似ているかなと思います。

特に「ソロキャンプ」をする人とかは荷物をコンパクトにしたい人が多いと思うので、ソロキャンパー向けのハンマーかなと思います。あとお子さん用などにも良いかも知れませんね。

ちなみにヘッド部分は「真鍮タイプ」と「ステンレスタイプ」の2種類から選べて、真鍮タイプは使い込んでいくうちに味が出てきて、少し無骨な感じが良いし、ステンレスタイプはサビに強いし強度もあるので、ステンレスタイプは機能面を重視したい方向けかなと思います。

あと真鍮が金色でステンレスが銀色と、それぞれ色が違うので見た目で選ぶのも良いと思います。

画像3

画像4


そしてペグハンマーならではの機能で、ペグを抜きやすくする為の引っ掛けがあって、そこにペグを引っ掛けて抜くとスムーズに抜けます。

画像5

これが有るのと無いのとでは全然違くて、後片付けの際に手で抜こうとしても、深く刺さってて抜けない場合があるので、引っ掛けを使うととても便利です。

あと、ペグの大きさによってはも使い易さは変わって来ると思うので、のショートタイプのペグハンマーだったら、同じエリッゼから出ている18cmタイプのペグと一緒に買うのも良いかも知れません。

最後に、機能面はどのペグハンマーもあまり大差は無いと思うので、あえて見た目で買うのも良いかなと思います。

僕自身、6割は見た目が好きで買いました。笑

特に持ち手の一風変わった形状や焼入れ、ハンマー本体の黒色とヘッドの金色がマッチしていて、「これだ!」と思いました。笑

ここから、まだまだ使い込んでいって、新たな発見などが有ればまた共有したいと思います。

画像6

画像7

画像8


「このハンマーの「サイズや種類」についての詳細は記事下に貼ってあるAmazonリンクの方で見てもらえると詳しく知れるかと思います。(※記事下のリンクはAmazonアソシエイトリンクを使用しています。)」